知り合いが、実家の父の介護をしています。

車いすの介護で、身の回りのことは動け24時間介護ではないです。

お母さんも手伝っていますが、年をとるとひとりでは負担です。

親の介護をしておりコドモが独身という状況、同じような方、高い確率でいます。

親のことを考えている人ほど、親元を離れるのに親のことを案じます。

右上がりに高齢化の波が日本を襲っている現在、政府の考えは在宅の介護を推進しています。

在宅で家族に介護をして貰う。

聞いた感じはいいですし理想ではありますが、介護というものを経験したという者なら、実現指せるには大変難しいことがわかるでしょう。

指せきとは、資格だと思っている人もいるでしょう。

指せきは資格ではなくシゴトの職種のひとつです。

訪問介護では重要なシゴトで、ヘルパーステーションなどに1人以上います。

通常は正社員で、その事務所の顔とも言えるシゴトをします。

ヘルパーのシゴトをしながら、管理業務や担当者会議など同時進行でしていくので、それなりの業務量と責任がありますが、正社員としての待遇やヘルパーよりも給与アップします。

介護のシゴトをすると言っても、どのような状態の人の介護なのかをわかりやすく載せなければならないと思うけど、現状はというと、それが行なわれていないのが現実だ。

認知がある人の介護なのか、高齢者介護なのか、障害のある人への介護なのか、それを掲載せずに募集するというのは、 良くするべきです。

介護が必要な人は増加しているが、介護のシゴトをする人は減少しています。

サセキの大垣市の就職先というのは、主に大垣市の訪問介護事業所です。

ヘルパーステーションときくと聞きおぼえがあるでしょう。

ヘルパーサービスの提供のみの事務所もありますし、大垣市の訪問介護事業所と居宅支援介護事業所をしている事務所など職場はいろいろあります。

大垣市のサ責というシゴト内容は、訪問介護の業務をして、利用者ごとに必要な訪問介護計画書の制作や大垣市のケアマネや担当者との会議や連絡、ヘルパーの管理や育成も行うので、サービスを行う利用者の人数やヘルパーの人数によって、事務所の規模がちがいます。

シゴト量や内容は、サセキの人数によっても替ります。

久しぶりに会ったおばさんにあたる人が認知症になり、介護の手伝いに行くようになりできるだけやってみようと思いテンションをあげていきましたが介護を経験すると私の考えをはるかに超えていてなんとも言えませんでした。

おばさんは私を認識せず、変わってしまった姿をみて私はびっくりしてしまいました。

介護の求人は多く必ず介護の求人はあるといってもエラーではないほどです。

介護の大垣市の職場といっても多種あって、例えば老人ホームだと、職員が24時間必要なので、夜間もシゴトがあります。

施設でも通所型の施設なら、日中だけです。

そのほか、在宅介護があります。

それに関しては事業所ごとに異なり ます。

中には夜間シゴトに場合もあるので、条件などは確認する必要があります。

サ責給料の目安としては自分が勤務していた時は手取りで16から18万程が相場のようでした。

正社員ならば、残業すれば残業代も付き、休日出勤も手当があり収入はある方だと思います。

業績の良い事務所なら、賞与が出るところもあります、ボーナスがでなくても、ヘルパー勤務より給与が高いので、年間の収入はヘルパーより多くなります。

介護施設の勤務形態は、昼間だけでなく夜勤もあるほとんどが交代制勤務なので体力的にもしんどいです。

しかし、夜勤をした時は手当が付く施設がほとんどなので、もっと稼ぎたい人は夜勤がある大垣市の特別養護老人ホームはお勧めです。

老人ホームは、いつも入居者が多く介護職求人も多いです。

介護技術も自然と身につくので就職のメリットはあるといえるでしょう。

これからも施設介護は、減ることはありません。

短期の間介護して得た感想は、介護で1番大変な病気は認知症なのではないかと思う一番の所以は24時間ずっと気が休まらないことです。

夜も起きてどこかに行こうとするものです。

本人は食事を食べてそのすぐ後に他の家族の食事を造りはじめようとしたり驚くことばかりでした。

来てくれているヘルパーさんにありがとうという気持ちでした。